おりおスポーツ接骨院|八幡西区 整骨院|八幡西区光明|折尾駅・交通事故・腰痛・四十肩・五十肩・スポーツ・産後骨盤

 

スポーツ外傷と障害について

スポーツの怪我には「外傷」と「障害」の2つに分けられます。
スポーツ外傷とは、体に強い力が加わることで起こる怪我のことを言います。
また怪我や痛みの原因がはっきりしていることも外傷の特徴です。
例えば、「足を捻って捻挫した」「転倒した際に膝を強打した」など。
スポーツ障害とは、小さな力が繰り返し加わり続けることで起こる怪我のことを言います。
障害に関しては、怪我や痛みの原因がはっきりとしていないのが特徴です。
例えば、「ボールを投げていたら肘がだんだん痛くなってきた」「走っていたら膝がだんだん痛くなってきた」など。

 

スポーツの中でも多い怪我「スポーツ障害」

スポーツ障害による怪我の原因として「間違った体の使い方」「体の使いすぎ」「体を使ってなさすぎ」
の3つが挙げられます。
スポーツ障害による症状の特徴として、初期では痛みがないことが特徴で怪我に気づかないことがほとんど。
怪我に気づかないままスポーツを継続することで怪我は徐々に悪化していき、痛みが出現した時には重症化していることが多くあります。
最悪の場合、以前の状態に戻ることができず、怪我が治らず後遺症になってしまったり、他の箇所での怪我などの二次的障害のリスクが考えられます。

「痛みはないけど違和感がある」
「痛みがあるけど様子を見てみよう」
「我慢していたら治るだろう」

こんな時は自己判断せず、すぐにかかりつけの医療機関へご相談することをオススメします。
「早期の処置」が重症化を防ぐことができ、また早期改善と早期の競技復帰に繋がります。

 

予防こそ最大の治療

スポーツにおいて怪我はつきものです。
100%、怪我を防ぐことはできません。
しかし日頃のケア(ストレッチ・トレーニング)を行うことで怪我を最小限に抑えることができ、また怪我の重症化を防ぐことができます。
怪我による競技の休止はアスリートにとって競技生命に大きく影響してきます。
練習も大事ですが、1番は「身体」です。
当院ではケガに対する治療だけでなく、「ケガをしない身体作り」のためのトレーニングにも力を入れております。

 

当院での治療方針

怪我の早期改善と早期復帰のための治療を始め、怪我を起こした原因をお調べし、ケガをしないための身体作りまでサポートしております。

「怪我こそお任せください」

スポーツ外傷・障害に特化したスポーツ接骨院として、アスリートを全力でサポートいたします。
スポーツの怪我でお困りの際はおりおスポーツ接骨院までご相談ください。

 

PC用の画像
スマートフォン用の 画像